早稲田大学図書館所蔵貴重資料

[ English ]
エジプト誌
請求記号: AK4153
エジプト誌 1 エジプト誌 2

Description de l'E'gypte.t.

1-23. Paris, 1809-22.(エジプト誌)
この本は1798年から翌年にかけてナポレオンがフランス軍を指揮しておこなったエジプト遠征における調査結果をまとめたものだ。

遠征に当たり、彼はフランス学士院に協力を求める。その結果、エジプトの歴史、地理、博物その他に関するものを完全に記録するための学者、製図家、画家など総勢175人の調査団が随行することになった。

その調査結果を一・博物、二・現況、三・遺物の三部にまとめたものが本書のテキスト9冊、図版14冊の合計23冊。作成に約200人の芸術家が参加したとあって超大型本の図版には実に3000点以上の絵が掲載された。題材は歴史的建造物から動植物、景色、さらには住民の習俗、商工農業の様子や日用品にまで及んでいる。特にスカラベや副葬品などの遺物はパリ博物館長ドノン(Denon,Dominique Vivant,Baron)を中心に、写実的かつ精密に描かれた銅版画であり、大変素晴らしい。 またエジプトのヒエログリフの解読に大きく寄与した有名なロゼッタ石の模写もこの中に含まれている。

この本の影響は大きく、それまで神秘のベールに包まれていた古代エジプト文明を明らかにし、近代エジプト学を誕生させるきっかけになっただけでなく、俗に「エジプト熱」といわれるブームが到来。ヨーロッパではエジプト回帰様式という新しい装飾様式が誕生するなどさまざまな分野に影響を与えた。 * このページは、早稲田大学学生部発行「早稲田ウィークリー」所収「早稲田の貴重書」に若干修正を加えたものです。
本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示
Copyright © Waseda University Library, 1996-. All Rights Reserved.
First drafted Febrary 18, 1998
Last revised November 25, 2005