リサーチNAVI図書を探す

印刷用PDF


必要な図書を探し、それがどこに所蔵されているのかを調べ、利用する方法を紹介します。


早稲田の所蔵を探す

まず始めに、WINE(早稲田大学蔵書検索システム)を使い、学内に必要な図書があるかを調べます。WINEには、図書、雑誌、音声映像資料、早稲田大学で授与された博士学位論文、電子資料(データベース、電子ジャーナル、電子ブック)等が収録されています。

  • WINE [早稲田大学の蔵書検索](図書館Webサイト)
注意:WINEでは雑誌や新聞に掲載された個々の論文・記事を検索することはできません。

慶應義塾大学の所蔵を探す

次に、慶應義塾大学の所蔵を検索します。早稲田大学は慶應義塾大学と図書館相互協力協定を結んでおり、図書館の訪問利用、図書館相互協力(ILL)による図書の借用・コピーの取り寄せを有利な条件で行うことができます。


国内の所蔵を探す

早稲田大学にも慶應義塾大学にも所蔵がない場合は、国内にある他図書館の所蔵を探します。図書館 では、学外の図書館を利用するための紹介状発行、図書館相互協力(ILL)による図書の借用やコピーの取り寄せ依頼を受け付けています。
  • CiNii Books [国立情報学研究所] (一般Webサイト)
    全国の大学図書館等が所蔵する図書・雑誌の総合目録データベース。早稲田は図書の所蔵情報を掲載していないので、WINEも併せて検索する必要がある
  • NDL-OPAC [国立国会図書館] (一般Webサイト)
    国立国会図書館の蔵書検索システム(右側の「検索機能のみを利用する。(ゲストログイン)」をクリックすると、検索を開始できます)
  • 東京都立図書館 (一般Webサイト)
    東京都立図書館の蔵書検索だけでなく、専門図書館ガイドや都内の公立図書館(区立の図書館など)の横断検索サービスもあり
  • 学外図書館の利用 (図書館Webサイト)
    訪問利用や図書館相互協力(ILL)による資料の取り寄せについての案内


海外の所蔵を探す

国内に所蔵がない場合は、海外の図書館に依頼して、図書を借用したり、コピーを取り寄せたりすることもできます。ただし、国内よりも費用や到着までの時間がかかります。まずは、図書館のレファレンスカウンターにご相談ください。
  • WorldCat.org [OCLC] (一般Webサイト)
    世界最大の所蔵検索データベース。北米を中心に世界各国での所蔵確認が可能
  • Explore the British Library [British Library] (一般Webサイト)
    英国図書館の蔵書検索システム
  • Karlsruher Virtueller Katalog (KVK) (一般Webサイト)
    ドイツ語圏を中心に世界各国の国立図書館や統合目録の横断検索が可能。世界の主要な蔵書検索サイトのリンク集としても便利
  • 学外図書館の利用 (図書館Webサイト)
    訪問利用や図書館相互協力(ILL)による資料の取り寄せについての案内


出版・刊行、販売の情報を活用する

利用を希望する図書が、早稲田大学に所蔵されていない場合、図書館宛に購入希望を出す、もしくは自分で購入する方法もあります。出版・刊行情報は、そのような時に役立ちます。
  • Books.or.jp [日本書籍出版協会] (一般Webサイト)
    国内で発行され、現在入手可能な書籍(約90万点)が検索可能。
  • Amazon.co.jp (一般Webサイト)
    新本、古本のオンラインショッピングサイト。購入だけでなく、カスタマーレビューや内容紹介、関連商品の案内などの付加情報も充実。
  • 日本の古本屋 [東京都古書籍商業協同組合] (一般Webサイト)
    日本各地の古書店の在庫情報の検索と、購入。資料だけでなく古書店自体の検索も可能。


その他 必要な図書を探すのに便利なサイト

読みたい図書が決まっていない場合、キーワード等で広く図書を検索し、自分に必要なものを絞り込んでいく方法があります。出版・刊行情報を調べるサイトと併せて、下記のサイトでも検索してください。
  • Webcat Plus [国立情報学研究所] (一般Webサイト)
    目次や関連情報を検索できる(「連想検索」)、幅広い検索が可能なデータベース

また近年では、デジタル化された図書を無料で閲覧することのできるデータベースも多く公開されています。
  • 国立国会図書館デジタルコレクション [国立国会図書館] (一般Webサイト)
    国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できる。「国立国会図書館/図書館送信限定」資料については、中央図書館内の専用端末で閲覧が可能。
  • Hathi Trust Digital Library(一般Webサイト)
    米国の大学図書館等が所蔵する電子資料を横断的に検索・閲覧することができる。
  • The Internet Archive(一般Webサイト)
    デジタル化されたパブリックドメインの書籍を検索・閲覧することができる。
  • Gallica Digital Library [フランス国立図書館] (一般Webサイト)
    フランス国立図書館の所蔵する電子資料を検索・閲覧することができる。
  • Deutsche Digitale Bibliothek(一般Webサイト)
    ドイツの文化・学術機関の所有する電子資料を横断的に検索・閲覧することが出来る。

*その他電子ブックの探し方について:


リサーチNAVI No.1 早稲田大学図書館 2017/3/15