>> 通常版(Shift-JIS)OPACに切り替える

多言語版WINEの利用方法

  1. このOPACはエンコード(文字コード)として、Unicode(UTF-8)を使用しております。Unicde(UTF-8)に対応したブラウザをお使い下さい。また、Unicodeを表示するためのフォントが端末側に備わっている必要があります。
  2. 現在、主に中国語/ハングル資料を検索/表示することが出来ます。検索できる範囲は、通常のWINEシステムと変わりありません。(通常のWINEシステムの場合、中国語/ハングル等の資料を正しく表示することが出来ません。)
  3. 中国語/ハングルの入力に関しては、Microsoft GlobalIME(無償)等の入力ソフトをご利用下さい。
  4. 検索結果の保存-結果出力の機能は、UTF8対応しておりません。
  5. 画面構成や使い方は通常のWINE検索と同じです。URLが「http://wine.wul.waseda.ac.jp:1085/」となっている状態が多言語版(UTF-8)です。

Waseda University Library, 2005