本データベースについて

このデータベースは、早稲田大学図書館が所蔵する古典籍について、その書誌情報と関連研究資料、さらには全文の画像を広く一般に公開しようとするものです。
国宝2件、重要文化財5件を含むあらゆる分野の資料を、詳細な書誌情報と鮮明なカラー画像でご覧いただけます。画像の閲覧方法については「古典籍総合データベースの使い方(PDF)」をご覧ください。
なお、本データベースに収録した資料は、早稲田大学図書館特別資料室で収集・管理しております。何らかの形で画像データを利用したいという場合はこちら、閲覧等原本の利用についてはこちらをご覧ください。


収録資料

本データベースは、早稲田大学図書館が所蔵する約30万点の古典籍のデータ(書誌・画像)作成を目指して2005年度から作業を開始し、今日にいたっています。今後、日々新たに受け入れる資料を含め、収載資料の充実につとめて参ります。

本データベースで対象とした古典籍には、主として次のようなものが含まれています。
1)江戸時代以前に出版・書写された文献資料。
2)清朝以前に出版・書写された漢籍。及び、同時代の韓本。
3)日本の古代から近代に至る一次資料(文書・書簡・原稿・拓本 等)。

また、江戸時代の蘭学者(洋学者)が研究資料としたものをはじめ、洋書を若干含んでおります。




画像データの利用について

本データベースで公開している画像データを利用する場合、事前に所定の手続きをおこなってください。
例)出版物(図書・雑誌)への掲載 ; テレビ番組での利用 ; ホームページへの転載 ; 複製の展示など

*当館に無断で上記の目的等に利用することを禁じます。もし無断で使用した場合には、大学として法的な手段も含め、断固たる措置を講じることがあります。

*以下の用途に限り、特に申請は不要です。自由にご利用ください。
1)研究資料として個人的に手元に保存する場合。
2)学校の授業や学会等で一時的に利用する場合。
3)学術目的のホームページからのリンク。(リンク先が「早稲田大学図書館古典籍総合データベース」である旨を明記してください。)



掲載・放映等の申請手続き

希望資料について、あらかじめ当館の蔵書検索(WINE)や本データベースで、資料名、請求記号、画像データの有無等をご確認ください。
「館蔵資料の図版使用に関する企画書」を作成の上、特別資料室宛に郵便かFAXでお送りください。E-mailでの受付はしておりません。
企画書を確認してから、申請に関する書類を郵送いたします。
企画書の提出から手続きの完了まで、2週間程度を要します。時間的余裕を持ってお申し込みください。

※ 資料の館外貸出やカメラを持ち込んでの撮影は、お断りしております。
※ 許可にあたり、掲載書籍等の納本をお願いしております。また、用途によって使用料を申し受ける場合がございます。



原本の利用について

本データベースに収録されている資料のほとんど全てが、早稲田大学図書館特別資料室で古書資料・貴重書扱いとなっているものです。原本の利用に関しては、下記の案内をご参照ください。

●貴重書・古書資料の閲覧・複写について

特別資料室 利用に際してのご注意(PDF)
学外者・校友の利用手続き(PDF)

●展覧会への出品依頼について
  具体的なご企画とご依頼内容を文書にまとめて、特別資料室にご相談ください。


早稲田大学図書館特別資料室

住所:〒169-8050  東京都新宿区西早稲田1−6−1
電話:03(5286)1754
FAX :03(5286)1761
E-mail:tks-info(at)list.waseda.jp *(at)は@に読みかえてください。



早稲田大学図書館