次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業(CSI) 平成21年度委託事業 領域2
「リポジトリと電子出版の連携モデルを確立するための実験開発」

担当大学

主担当大学:早稲田大学

連携大学 :京都大学、長崎大学、佐賀大学

プロジェクト名、概要等

日本語名:
リポジトリと電子出版の連携モデルを確立するための実験開発
英文名:
Development of a Journal Editing and Publishing System
略称:
電子出版システム開発
英文略称:
ePubs
概要:
  1. 平成20年度にOJSを利用した印刷システムの開発は終了した。本年度は実際のOJS刊行雑誌をモデルケースとして、印刷システムの検証を行う。連携機関をはじめとした他大学や、学内の編集委員会にも協力を求める。フィードバックを元に仕様を見直し、機能の調整・拡張を行ったうえで、システムを公開する。
  2. 上記1.のとおり、様々なタイプの雑誌で検証を行うことで、印刷システム使用時の一般的経費予想や必要な作業内容を確定させ、マニュアルを作成する。

計画概要

上記概要にもとづき、電子出版システムを開発するため、以下の事項について作業を行う。

  1. 平成20年度開発システムの検証と機能拡張
  2. システムのマニュアル作成
  3. サンプル作成
  4. OJSバージョンアップ対応・バグ修正

平成21年度の成果概要

  1. OJS環境構築及び電子出版システムの検証・改修: 安定版最新バージョンのOJS(ver.2.2.4)を使った電子ジャーナル環境を構築し、現在運用中のOJS上の電子ジャーナル「蔦」をその環境に移行し、その環境においての電子出版システムに関する動作検証及び不具合に関する改修を行った。
  2. マニュアルの作成: 上記での経験も生かして、電子出版システムのマニュアル及び電子出版システムも含めたOJS上の電子ジャーナル環境の移行ガイドを作成した。
  3. サンプル作成: 実際に、OJS刊行雑誌「蔦」に関して、OJSから出力されたデータを元に、電子出版システムを使って印刷用データを作成し、モデル雑誌「蔦」の印刷・製本を行った。

    Waseda University Library. Revised: 2008/09/16

    早稲田大学図書館