次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業(CSI) 平成19年度委託事業 領域2
「電子出版システム(編集査読システム)の開発」

担当大学

主担当大学:早稲田大学

連携大学 :広島大学、長崎大学

プロジェクト名、概要等

日本語名:
電子出版システム(編集査読システム)の開発
英文名:
Development of a Journal Editing and Publishing System
略称:
電子出版システム開発
英文略称:
ePubs
概要:
    紀要等学内刊行物をリポジトリへ登録するには多大な労力がかかる上、その継続性は担保されているとは言いがたい。本プロジェクトは、学内刊行物を含む学術コンテンツを継続してリポジトリに搭載するため、日本語による無償の電子出版システム(編集査読を含む)を、初めて開発するものである。
    既存の様々な電子出版システムの分析を行った結果、Public Knowledge Project (PKP)により製作されたオープンソースの編集査読システムOJS (Open Journal System)を開発対象とした。

計画概要

上記概要にもとづき、電子出版システムを開発するため、以下の事項について作業を行う。

  1. 平成18年度までに開発したプロトタイプの試験運用、評価、また、OJSコミュニティと連携をはかり、電子出版システムを完成させる。
  2. 開発した電子出版システムのプログラムを無償で公開する。
  3. 学内出版団体へ電子出版システム利用の働きかけを行う。
  4. 運用・保守、利用促進の施策について検討を行う。

平成19年度の成果概要

  1. OJSの最新バージョンの日本語化作業を行い、連携機関とともに動作検証の後、日本語化に必要なファイルをPKPに無償で提供し一般公開した。PKPのサイトからOJSをダウンロードして利用することが可能となり、OJSを利用して雑誌を刊行したいという日本国内からのニーズに対応することができた。
  2. OJSからリポジトリへ登録する際にリポジトリ管理者へのアラートシステムを開発したことにより、OJSとリポジトリの連携が可能となり、効率的なコンテンツ収集を実現した。
  3. 利用促進の施策を検討した結果、OJSを利用し早稲田大学図書館機関紙『蔦』を刊行することになった。
  4. 広島大学、長崎大学や京都大学からの要請に応じ、OJS環境のURL、IDやパスワードを送付し、検証協力を得た。
  5. OJSを利用して雑誌を刊行するという応用哲学会の学会誌(名式名称未定)の協力を得た。

Waseda University Library. Revised: 2008/03/09

早稲田大学図書館