« »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


学術出版の祖アルド・マヌーツィオ500年忌

図書館企画展「アルドの遺伝子」終了

期間 : 2015年10月05日(月)~2015年11月19日(木)
会場 : 早稲田大学総合学術情報センター2階展示室
時間:10:00~18:00
閉室:日曜日および11月6日(金)
   ただし、10月18日(日)は開室(10:00~17:00)
   10月6日(火)14:00~16:30は貸切(整理券を
   お持ちのギャラリートーク参加者のみ)
主催:早稲田大学図書館・東京製本倶楽部
★展示はどなたでもご自由にご覧いただけます。
今年2015年はルネサンス時代にヴェネツィアで活躍した印刷出版業者アルド・マヌーツィオが亡くなってちょうど500年になります。「ルネサンス」とは古代ギリシア・ローマの文芸の復興・再生です。アルド・マヌーツィオはまさにそれを印刷術の面から成し遂げた一人に数えられます。また、書物に様々な工夫を施して書物を中世から近代の姿に改良した人物として知られています。
本展覧会は、アルド・マヌーツィオを彼とその後継者たちの仕事と、彼の遺伝子を受け継いで出版された様々な資料によって振り返り、アルドの500年忌を記念するものです。 
展覧会は大きく4つの部分から構成されています。第1部は、活版印刷術の誕生からアルド・マヌーツィオ以前のヴェネツィアの印刷物です。第2部は、アルド・マヌーツィオとその後継者およびその影響で刊行された資料です。第3部は、アルド・マヌーツィオに関するわが国初の単行書『アルド・マヌーツィオとルネサンス文芸復興』(東京製本倶楽部、2014年)を、日本を代表する23名の装丁家が独自のデザインと技術によって制作したルリユール作品です。第4部は、アルドの遺伝子を受け継いだ英国の出版社の作品と、今日までに刊行された主なアルド書誌と1994年と2015年に欧米で開催された展覧会カタログからなります。
アルド・マヌーツィオの500年忌に、ルネサンス時代から現代にまで連綿と引き継がれているアルドの遺伝子をごゆっくりとお楽しみください。



[アルドの遺伝子展 関連イベント]

〇ギャラリートーク(教育・総合科学学術院 雪嶋宏一教授)


10月 6日(火)1回目 14:45~15:30 / 2回目 15:45~16:30
総合学術情報センター(中央図書館)2階 展示室
[詳細はこちら] *終了しました
 

〇手製本ワークショップ(協力:東京製本倶楽部)


10月 8日(木)14:45~17:00「16世紀風製本で作るノート」
10月22日(木)14:45~17:00「交差式製本で作るノート」
会場:中央図書館2階 グループ学習室A
※本学の学生・教職員対象 申込制
申込は9月24日(木)からWaseda-net portalで受付開始
[詳細はこちら] *終了しました。