第2部 第2章
文明開化商売事情(前編)


売薬引札

各国産物店

楽善堂三薬
 明治維新・文明開化の世となるや、新開地・横浜を窓口に、新奇な西洋文物がわが国に流れこみ、それまでの商売事情を大きく塗りかえた。西洋料理、活版印刷、写真業、鉄道馬車、幻燈その他、今日に残されている広告メディアから、その一端がうかがえる。
 しかし、「和魂洋才」というスローガンが的確に示しているように、明治の日本人は、自らのアイデンティティを失うことを欲しなかった。明治という時代の面白さはそこにある。

聖薬 蘇液 聖治膏

各国薬品名集鑑

おしろいした
かほよみづ

美人アレシラズ

さくら香

ビットル葡萄酒大販売


露西亜形式巻煙草

西洋各色早染

活版業開設の稟告

宝丹看板雛型

牛肉ケレー

おこりおとしの妙薬

金城腹治丸

熊膽円

即治膏

あやめ膏

せんき妙薬

御婦人かみあらいこ

養血円

神薬

六神丸

▲目次▲ に戻る