Bibliothek Stein:Geschcite der Sozialismus

シュタイン・ライブラリー


資料形態マイクロフィッシュ 3,212枚
請求記号S267
原本所蔵Universitatsbibliothek der Freie Universitat Berlin
出  版Belser Wiss. Dienst
内  容  Max Stein(1871-1952)は、ポーランド生れのユダヤ系ドイツ人で、徒弟労働の時代から社会民主党(Sozialdemokratische Partei Deutschlands;SPD)の活動に参加し、1927年頃より社会主義理論や労働運動資料の収集を始めた。その数は合計で2,190タイトルに及び、プライベートコレクションとしては質・量共に最大級であろう。このコレクションは幸いにも第二次世界大戦の戦火からも免れ、彼の死後はベルリン自由大学図書館に寄贈された。
 このコレクションの中心はパンフレットであるが、その作成・配付は19世紀以降のドイツでは政治・経済・社会運動で自己の主張を具体的に表明するには最も有効な手段であったとされている。それ故これらのパンフレットの資料価値は高く、ドイツ学術振会(DFG)は「歴史的社会主義研究資料」プロジェクトの一環としてマイクロフィッシュ版で刊行することを企図した。全体の構成は以下のとおりである。
 第一部 学説・理論・労働者階級
  (1)書目、労働史年表、人物資料 (159タイトル)
  (2)社会主義と社会運動の理論 (148タイトル)
  (3)哲学、国家、宗教、経済学、自然科学 (30タイトル)
  (4)労働者階級の歴史 (216タイトル)
 第二部 歴史
  (5)政治史 (417タイトル)
  (6)経済史、社会史 (118タイトル)
 第三部 労働組合
  (7)労働組合運動 (261タイトル)
  (8)協同組合運動と協同組合 (11タイトル)
  (9)経営者団体と経営者 (11タイトル)
  (10)雑誌類 (6タイトル)
 第四部 労働運動
  (11)労働運動 (670タイトル)
  (12)労働者文化と労働者文化運動 (113タイトル) (情報提供:極東書店)
検  索『Bibliothek Stein;Shorttitle catalogue』等による.


マイクロ資料タイトルへ | 図書館ホームページへ
本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示

Copy right (C) Waseda University Library, 1997. All Rights Reserved.
First drafted Aug. 21, 1997
Last revised May. 11, 1998
toshokan@wul.waseda.ac.jp