League of Nations. Documents and Serial Publications, 1919-1946

国際連盟文書記録・逐次刊行物コレクション


資料形態35mmマイクロフィルム 555リール
請求記号M845
製  作Research Publications
内  容  国際連盟(League of Nations)は本部をジュネーブにおく世界最初の国際平和機構である。第一次世界大戦の惨禍によって集団安全保障の必要を感じたウィルソン大統領が1918年「平和の為の14ヶ条」で提唱、1920年のベルサイユ条約により発足した。
 しかし、国内での孤立主義の台頭を理由にアメリカが参加しなかったことや、経済制裁程度の弱い抑制力しか持っていなかったため期待された力を発揮できず、満州事変やエチオピア併合等の事件により弱体化、第二次世界大戦の開戦で事実上活動を停止した。1946年にはその役割を国際連合に託し活動を終了している。
 ここに収録されている資料は、その準備期間の1919年から、1946年までの文書記録25,000点と12の主要逐次刊行物から成っている。文書記録には総会・理事会で配付された文書類及び参加各国に送られた書簡・通達類や、委任統治委員会の文書及び議事録、代表会議(Director's Meetings:1919-1933)の記録、それに準備・揺籃期である1919-1921年頃の文書類が含まれている。これらは行政・経済・政治・軍縮等の全18のサブジェクトに分類されており、文書内容からの検索を可能にしている。各サブジェクトファイルは中小の紛争や国境問題から飢饉の救助、医療問題から貿易まで、あらゆる面を網羅している。
 逐次刊行物には、総会記録や理事会議事録を収録した国際連盟の公的刊行物、国際連盟条約集(1919-1947)、軍事年鑑(1924-1939/40)、統計年鑑(1926-1942/44)、国際保健年鑑(1924-1932)といったものが収録されている。
 国際連盟に関する文書はその大部分が絶版となっており、オリジナルの入手は非常に困難となっている為、文書・叢書を包括収録した本資料は研究の一次資料として多大な貢献をするであろう。 (情報提供:雄松堂書店)
検  索別冊ガイド『League of Nations Documents, 1919-1946:A Descriptiveguide and key to the microfilm collection』Edward A.Reno (3vols.) による。


マイクロ資料タイトルへ | 図書館ホームページへ
本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示

Copy right (C) Waseda University Library, 1997. All Rights Reserved.
First drafted Sept. 25, 1997
Last revised May. 11, 1998
toshokan@wul.waseda.ac.jp