三菱社誌

Historical records of Mitsubishi Company


資料形態35mmマイクロフィルム 14リール
請求記号M43
原本所蔵三菱総合研究所
製  作ニチマイ(日本マイクロ写真)
内  容  三菱財閥は岩崎弥太郎の創立による日本を代表する財閥であり、明治から昭和前期の日本経済史・経営史は三井・三菱等の財閥を抜きにしては語れないと言われている。
 原本は全部で36巻、明治3年から昭和27年まで(1870-1952年)の三菱合資会社、三菱本社の業務記録で、内容はいわゆる社誌ではなく、年を追って編纂した業務日誌に近いものと見られる。この編纂は年代順に、三菱合資会社総務部総務課→同資料課→三菱本社社誌編纂委員会が担当している。この三者には編纂方針に差異が見られるが、時代を反映させた為のものであって、本質的には一貫しており資料価値を損なうものではない。ここでは三菱のあらゆる社業について忠実に記録されており、第二次世界大戦後の混乱期に記録の若干の汚損・散逸があったとされるが、これも問題になるほどではない。
 この原本は戦前・戦後にわたり秘密扱い資料とされて公開されていなかったが、部分的に社誌の複製版が出版されるようになり、昭和37年に版権者である岩崎弥太郎・弥之助伝記編纂会の許可を得て全てをマイクロ化し、限定出版したものである。
 なお昭和54年からは、原本の訂正を行い総合索引を添付した、図書版の『三菱社誌』が出版されている。
検  索添付の『三菱社誌 (索引)』による。
 なお、図書版の索引も併用すると便利である。
関連文献三菱社誌刊行会 編『三菱社誌』 全41巻 昭和54-57 東大出版会(図書版)
岩崎家伝記刊行会 編『岩崎家伝記』 全6巻 東大出版会  その他


マイクロ資料タイトルへ | 図書館ホームページへ
本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示

Copy right (C) Waseda University Library, 1997. All Rights Reserved.
First drafted Sept. 25, 1997
Last revised May. 11, 1998
toshokan@wul.waseda.ac.jp