Collection de documents inedits sur l'histoire
economique de la Revolution francaise

フランス革命の経済史に関する未刊行記録集 1906-52


資料形態マイクロフィッシュ 1,128枚(90×120mm)
請求記号S170
編  集G.lefebvre / A.Aulard 他
出  版IDC
内  容  ブルジョア革命の代表としてロシア革命と対比されるフランス革命は、単に政治的な大変動とするだけでなく、旧式の社会体制から近代的市民ブルジョア社会へ移行した市民革命であり、近代的な資本主義への先駆けとも言い得るだろう。
 1980年代前半よりフランスを中心に革命200周年を前にして、未公開資料の発掘、新たな研究書の出版、復刻版の出版等が盛んになった。本資料も革命期の未公開資料で、革命の方向性を決定付けたとされる1789年の三部会開催の為に、各地方の代表によってまとめられた陳情書(カイエ・ド・ドレアンス)、憲法委員会、立法議会の農業・商業各委員会記録、教会資産や国有財産等の売却に関わる資料などが含まれる。
 内容をフィルムの番号順に追うと、憲法委員会・立法委員会・国民公会議事録(No.1-163)、国民公会財務委員会議事録(No.164-196)、各県からの陳情書・国有財産売却記録(No.197-1277)となっている。これらの資料は当時の貧民救済、食物の生産・分配といった食料問題にもふれており、フランスの社会・経済の諸事情を知る上で不可欠である。
 なお、この資料と対になって出版されている『Collection de documents relatifs a l'histoire de Paris pendant la Revolution francaise』は購入していない。
検  索別紙内容リストによる。
関連文献『The French Revolution research collection』(請求記号:S217)
Carleyle, T.『The French Revolution;a history』3 vols.(和訳版あり)
  その他にも多数


マイクロ資料タイトルへ | 図書館ホームページへ
本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示

Copy right (C) Waseda University Library, 1997. All Rights Reserved.
First drafted Oct. 4, 1997
Last revised May. 11, 1998
toshokan@wul.waseda.ac.jp