Confidential U.S. Diplomatic Post Records
Japan 1914-1941

米国機密外交文書/日本


資料形態35mmマイクロフィルム 142リール
請求記号M1211
製  作UPA
内  容 標記の資料は、第一次世界大戦から太平洋戦争勃発直前までの、米国と日本との軍事機密外交書である。
数年前までは、米国の外交記録書類は、機密文書として厳重に保管され、決して公表されることはなかったが、近年になってこれらが研究者等に開放された。
公表された文書は、この年代の軍事外交政策の真相を明らかにする上で大変貴重なものである。
 この資料は、年代を4期に区分して編成されている。
 Part T:1914-1918 (11 reels)
 Part U:1919-1929 (50 reels)
 Part V Section A:1930-1935 (25 reels)
 Part W Section B:1936-1941 (56 reels)
検  索Kesaris, P., ed.
『Confidential U.S. diplomatic post records Japan pt.1-3』
UPA, c1983.
関連文献中央図書館では、標記の資料とほぼ同時代のもので、別に『米国陸軍情報部報告書/日本, 1918-1941(U.S. Military Intelligence Report. Japan, 1918-1941)』31リール がある (請求記号 M1195)


マイクロ資料タイトルへ | 図書館ホームページへ
本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示

Copy right (C) Waseda University Library, 1997. All Rights Reserved.
First drafted Aug. 7, 1997
Last revised Jun. 4, 2004