CIS microfiche library

米国議会・委員会資料集成


資料形態 マイクロフィッシュ 162,195枚 (1982-2001)
請求記号 S244
原本所蔵 Library of Congress 他
製  作 Congressional Information Service (CIS)
内  容  米国議会(U.S. Congress)やその委員会は、単に立法機関やその下部機関として機能しているだけではなく、様々なテーマについて米国を初め各国の調査・研究・分析を行い、その情報を提供するという役割も果している。しかしこれら両院の各委員会、小委員会などが発行する資料の数量は、膨大なもので年平均3,000タイトルで90万ページにも及ぶため、当初は体系的・網羅的には提供されず、研究者が必要とする情報・出版物を入手することは困難であった。
 この不便さを解消する為に、1970年にCongressional Information Service (CIS)社が設立され、同社によりすべての委員会資料が体系的に整理され、索引や抄録が付され、さらに原資料がマイクロ化された。こうして資料の検索や入手が容易になった。

 ▼資料の概要については以下の通り
    公聴会資料(Hearing):法案の原文、質疑での記録、意見書、証言内容 等
    委員会配付資料(Print):委員会審議の過程で委員に配付される様々な資料、専門分野の調査研究報告・文献目録 含む
    上下両院報告書(Report):法案可決の際に本会議に送付する報告書
    審議資料(Documents):議会刊行物、政府機関が議会に提出するもの、民間団体が議会に提出するもの
    その他:会期中に成立した法律 等

検  索 包括的な索引として書冊体の『CIS index』が知られているが、これをCD-ROM化したものが『Congressional masterfile 2』で、抄録やキーワードの全てが収録されている。また報告書のタイトル・公聴会での証言者・団体名・文書番号・法案番号等の様々な側面からの検索を可能にしている。

 なお当室ではマイクロフィッシュ本体は1982年から2001年分までを所蔵している。また、1970年からカレント分まではデータベース "ProQuest Congressional" で検索ができる。 (情報提供:丸善)


マイクロ資料タイトルへ | 図書館ホームページへ
本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示

Copy right (C) Waseda University Library, 1997. All Rights Reserved.
First drafted Aug. 21, 1997
Last revised Oct. 9, 2013